現在位置: ホーム

検索結果

19 アイテムが検索語に該当します
結果を絞り込む
アイテムタイプ





ある時点以降の新しいアイテム



ソート基準 関連性 · 日付(新しいもの順) · アルファベット順
国際会議 RAID 2015 を京都で開催します。
NECOMA Projectでは、2015年11月2〜4日(3日間)にセキュリティ分野の国際会議 The 18th International Symposium on Research in Attacks, Intrusions and Defenses (RAID) を京都市内にて開催します。
存在位置 ニュース
脅威分析ソフトウェアMATATABI バージョン 1.0リリース
脅威分析ソフトウェアMATATABI の最初のリリースについての情報です。
存在位置 ブログ
MATATABI 1.0 をリリース
NECOMAプロジェクトは脅威分析ソフトウェアMATATABI 1.0をリリースしました。
存在位置 ニュース
国際会議 RAID 2015 の論文投稿を受付開始しました。
NECOMA Projectでは、2015年11月2〜4日(3日間)にサイバーセキュリティ分野のトップレベル国際会議である The 18th International Symposium on Research in Attacks, Intrusions and Defenses (RAID) を京都市内にて開催いたします。
存在位置 ニュース
NECOMAサマースクール開催(7/29-7/30)について
NECOMA プロジェクトでは、2015年7月29日(水曜)ー7月30日(木曜)に東京大学 駒場キャンパスにて、高専生・学部生・インターン学生を対象としたサマースクールを開催いたします。本サマースクールでは、NECOMA プロジェクトの研究者が研究開発した技術やその要素技術について座学とハンズオンを行います。各講義では、概要を講義で学ぶと共に、実際にプログラムを作成したりデータ解析を行います。
存在位置 ニュース
プレスリリース:SDNを活用した高機能なIX をInterop Tokyo 2015 ShowNetにて動態展示
〜SDN技術を用いてIXにてDDoS防御を行う機構を提案〜
存在位置 ニュース
MATATABI:マルチレイヤ脅威分析基盤
 多種多様なサイバー攻撃による被害が拡大していく中で、その対策を講じるために攻撃そのものを理解する事は非常に重要です。攻撃は点描のようなもので、場当たり的な観測では攻撃の概要をとらえる事は一般に困難です。  NECOMAプロジェクトの挑戦として、「マルチレイヤ分析」と呼ばれる手法を採用する事で、分析対象とする情報を広くし攻撃の理解を深め、その結果をデータベース化する事を掲げています。このために多種・多量の観測データを、容易に分析するための技術基盤としてビッグデータ技術を適用しています。
存在位置 ブログ
NECOMAの論文が国際会議 AINTEC2014にてBest Paper Awardを受賞
NECOMAプロジェクトの Jianxing Chen (Saarland University,国立情報学研究所)らが2014年11月26日-11月28日にタイ王国のチェンマイで開催された 国際会議 AINTEC2014 (10th Asian Internet Engineering Conference) にて論文1件を発表し,Best Paper Awardを受賞しました.
存在位置 ニュース
国際会議 RAID 2015 のファイナル・プログラムを公開しました。
NECOMA Projectでは、2015年11月2〜4日(3日間)にサイバーセキュリティ分野のトップレベル国際会議である The 18th International Symposium on Research in Attacks, Intrusions and Defenses (RAID) を京都テルサにて開催いたします。
存在位置 ニュース