現在位置: ホーム / ニュース / ACM CoNEXT2013でNECOMAプロジェクトの論文を発表

ACM CoNEXT2013でNECOMAプロジェクトの論文を発表

NECOMAプロジェクトの田崎創(東京大学)が2013年12月09-12日に米国カリフォルニア州サンタバーバラで開催されるConference on emerging Networking EXperiments and Technologies (CoNEXT2013) にて論文:「Direct Code Execution: Revisiting Library OS Architecture for Reproducible Network Experiments」を発表します.

論文タイトル

"Direct Code Execution: Revisiting Library OS Architecture for Reproducible Network Experiments"

著者

  • Hajime Tazaki(UT)
  • Frédéric Urbani (INRIA)
  • Emilio Mancini (INRIA)
  • Mathieu Lacage (ALCMEON)
  • Dniel Cåmara (INRIA)
  • Thierry Turletti (INRIA)
  • Walid Dabbous (INRIA)

ACM CoNEXT2013 ウェブサイト

http://conferences.sigcomm.org/co-next/2013/

タグ: