現在位置: ホーム / ニュース / IEEE INFOCOM2014併設ワークショップ BigSecurity にてNECOMAプロジェクトの論文を発表します

IEEE INFOCOM2014併設ワークショップ BigSecurity にてNECOMAプロジェクトの論文を発表します

NECOMAプロジェクトのRomain Fontugne(国立情報学研究所)が2014年4月27日-5月2日にカナダ トロントで開催される IEEE INFOCOM2014の併設ワークショップ BigSecuirty 2014 (The Second International Workshop on Security and Privacy in Big Data) にて論文:「Hashdoop: A MapReduce Framework for Network Anomaly Detection」を発表します.

論文タイトル
"Hashdoop: A MapReduce Framework for Network Anomaly Detection"


著 者
Romain Fontugne (NII)
Johan Mazel (NII)
Kensuke Fukuda (NII)

BigSecurity 2014 ウェブサイト

http://www.nsp.org.au/confs/bigsecurity2014/

タグ: