現在位置: ホーム / ニュース / ICSS研究会でNECOMAプロジェクトの論文を2件発表します。

ICSS研究会でNECOMAプロジェクトの論文を2件発表します。

NECOMAプロジェクトの石原智洋(東京大学)、田崎創(東京大学)の両名が2014年3月27-28日に沖縄で開催される 電子情報通信学会 第25回情報通信システムセキュリティ研究会 にて論文:「DNS Traffic Analysis Platform with Hadoop Framework」と「MATATABI: Multi-layer Threat Analysis Platform with Hadoop」を発表します.

論文タイトル
"DNS Traffic Analysis Platform with Hadoop Framework"
著 者
Tomohiro Ishihara (UT)
Hajime Tazaki (UT)
Kazuya Okada (NAIST)
Yuji Sekiya (UT)

論文タイトル
"MATATABI: Multi-layer Threat Analysis Platform with Hadoop"
著 者
Hajime Tazaki (UT)
Kazuya Okada (NAIST)
Yuji Sekiya (UT)
Youki Kadobayashi (NAIST)

電子情報通信学会ICSS研究会 ウェブサイト

http://www.ieice.org/~icss/

タグ: